KPってクッソ難しくね?

序文

初めて卓外の人と卓を囲みました。
(※2021/9/28追記。『初めてKPとして卓外の人と卓を囲みました。』に修正。PLとしてだとニコライさんがボクの初めての人です。)
発見しかないから時々知らない人とやるのはいいなぁと思いました。
小学生並みの感想、完。
お疲れ様です。社長です。
楽しいな……

安寧の地は破り捨てろ

知らない人と卓を囲むメリットだなと感じたのは、相手のいいところを吸収できるということです。
どうしても特定の人とだけしか付き合ってないと、普通と思うラインだったり、能力だったりが固定されてきます。
これはその意識はなくとも、「まぁこのくらいかな」とか「この辺やろ」というのが無意識下で作られてしまうわけですね。
それは非常にもったいない。
高くても低くてもいいんですよ。「もっとこうした方がいいな」「ここはそこまで頑張らなくてもいいんだな」そういったところが学べるというのは非常に大事です。
頑張らなくてもいい、と聞くとネガティブに感じるかもしれませんが、いやぶっちゃけ仕事でないんだし、全部はできないと思ってます。さけるリソース的にも限界はあるし、あとどのくらいなら許されるのかのライン引きは大切。なにしろ今回それでかなりの失敗をしました。
なので、今より力をつけなきゃいけないところはどんどん学んで、やらなくてもいいところも一緒に学んで、PLにとってやりやすいKPになろうな、って話です。

(頑張るところ間違えた。絶対これ怒られが発生するやつや……。)

で、今回マジで思ったのが、RPをもっと頑張らなくてはいけないなってところでした。
PLの情報共有の仕方がとにかくもうめちゃくちゃに上手い。しっかりRPを含めてやってるし、声色、話し方、何もかもちゃんとやってました。
自分では「やらなきゃなぁ」くらいで全く意識していなかったので、これは本当に反省点でもあり、「すげぇなぁ……」と感心した点でもあり。
それが普通なのっか、たまたま上手いPLだったのかは分かりませんが、いずれにしてももうちょっと本当に頑張らなきゃいけないな、と猛省しました。

あとねー。
なんかこう色々悩んで正解に進んでいるときって、めっちゃ口出ししたいんだけどKPから話すわけにはいかないなと思って結構黙ってたんだけど。
うーーーーーーーーん、これもっと話した方がよかったかなぁ……。
あれこれ話している中に割り込むのも悪いし、変に誘導入るのも嫌かなぁと思ってたんだけど、結果的に黙っている時間がかなり長くなってしまったので逆に失礼だったんじゃないかと。
身内でやってるときは下らねぇ話とか、このくらいであればいいだろうってのが分かるから気にしたこともなかっただけに、新鮮な発見ではありました。難しいね……!

あとそこまで知らない人と話すときのトークスキル欲しい。緊張でうまく話せなかった~~~!!!!ってなるから……まぁこれは練習か……。頑張った方がいいと思う。

(雑談であればお酒も一つの手段ではある。アルコールのせいにしてある程度腹を割って話せるし、そもそも思考が鈍くなるのでぐちゃぐちゃと余計なことを考えずに素を出しやすくなったりする。私のようにコミュニケーションが極めて苦手だったら最終手段としてはありなんじゃないかな……)

いずれにしても、ぱっと浮かんだだけでもこれだけの反省点が生まれます。
んで、ここでは話せないような反省点とかもめっちゃあるんで、とにかく自分の成長にはつながりますね。
なのでガンガンいろんな人と絡んでいけ。

急に言われても難しい

とは言っても、これは本当に難しいですね。
いや陰キャだから絡むこと自体も難しいんですけどね?
それをクリアして絡むことはできても、反省点がめちゃくちゃ多い。
なので、まぁ一個でいいんじゃないかな。とりあえずこれはクリアしてこーってのを1つだけ設定して、クリアしてく。
それだけでも理想に近づけていいんじゃない?知らんけど。

ちなみに私は知らん人と話すときのトークスキルですね。取り急ぎ習得したいのは。
なんてったって10月にもう2件予定が入ってる……!もう急いで習得しなきゃいけないスキルなんだよなぁ!!!!!!
とりあえずおしゃべりの練習しなきゃなぁ。どうしたらええんやろ。いろんな人と話すか……。

最後に。

真面目な内容を書いたし、そもそもこれちゃんと日記っぽくない?
だからここでくらい暴れさせて。
大体真面目な内容は最後で暴れるから許してほしい。どうか許して……。

上でもコミュニケーションについて話したけど、TRPGにしても、人間関係にしても、仕事にしても。
結局はコミュニケーションの問題であることがとても大きいです。
というか、あらゆる問題の90%くらいは他の人とのコミュニケーションで解決できると思ってる。
世渡り上手な人って、結局そこが上手い人だと思うんですよね。

私のことをよく理解している人なら、そろそろ何が言いたいか分かったと思います。

そうですね。おセッセですね。

はい。おセッセは非言語的な最大のコミュニケーションとも言われています。
つまりだよ!!!!!おセッセすらできない人間はよぉ!!!!!コミュニケーションが十全に取れてないってことじゃねぇのかなぁ!!!!!!!!!!
僕はねぇ!!!!!!!おにんにんが天を衝いていたときもねぇ!!!!!!!!!コミュニケーションは十全でなかった(隠語)んですよ!!!!!!!!!
多分コレマジで卓内で自分だけだと思うんですよね!!!!!!!!知らねぇけどさ!!!!!!!!!!!ぜってぇ俺だけだと思う!!!!!!!!!
これはね!自分自身の人生に対しての怒りと、あらゆる他人に対しての嫉妬と、そして人類全体に対する強烈な敵視なんですよ!!!!!!!!!滅べ人類!!!!!!!!!!!!
僕はおセッセができない』(KADOKAWA出版、2009年8月 – 2015年8月)なんですよ!!!!!!!!!なんでなんだよ!!!!!!!!!!どうして!!!!!!!!!!!

我ながら思うけど、よく毎日、同じような内容のこんなくだらないこと書いてて飽きないよね。馬鹿じゃねぇの。

まぁきっとコンプレックスなんでしょう。本当にコンプレックスだったらこんなにオープンにしてないと思うがね。
そろそろ魔法使えるようになると思う。なれ。そうでもしないと報われねぇだろ……!
人生は残酷だ……楽しもうね!

そういえば20代とか10代とかがこんなところを見てるかは知らないけど、色々悩みますよね。
おにんにんの形状とか大きさとか、なんかそういう情報に一喜一憂して。
でも安心してほしい。まずそこまで至らないから。
ボクにも覚えがあるよ。平均チン長とか気にしたりさ。わかる。わかるよ。
でもそこまでいかないから。どうか安心してほしい。
安心して、コミュニケーションスキルを磨け。そんなこと気にしてる暇があったら喋りの本とか実地体験とかを積んで、相手が楽しめるようなトークができるように鍛え上げろ。たとえ最終的にモテなくても仕事でバチクソ役に立つから。
下の口はだんまりでも上の口は饒舌に喋ってるぜぇ……?しよう!!!!!!!!!!
俺たちの!!!!!!!!武器は!!!!!!!!!チンチンじゃねー!!!!!!!!!!

以上です。話したい事話したので満足ですが、ブログとしては0点です。
でもこれはやりたくてやってることだから……趣味なので許せ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。