尻にぶち込むエネマグラ

如何にして社長は尻に入れるに至ったか?

さて、以前にエネマグラを突発的に購入、導入、挿入、したわけども。
今回はそのエネマグラについて率直なところを語りたいと思う。
Twitterではね…詳しい報告を日和ったからね…。
さて、ではまず、何故エネマグラを尻に入れてみようと思ったか。
これはね、すごく単純。私はとにかく暇と退屈が嫌いで。楽しくないともうなんかしたいってなる。
それで、よし、挿れよう、ってなったと。仕方ないね。
みんなも暇になったら、エネマグラ、挿れよう!
でも実際、百利あって一害なしだと思うんだよね。
最初のコストくらいじゃない?全部もろもろ含めて5000円。もしかしたら今後長い趣味になるかもしれないことを考えると破格の激安ですらある。ジョギングすらランニングシューズだけでこのくらい余裕でぶっ飛ぶからね。
もしハマればそれはそれでサイコーだし、ハマらなくても「尻に入れたことがある」というのがいつか大きな財産になる。

上司に怒られたとき…

「でもお前尻にエネマグラ入れたことないだろ?」

(大体怒られるときはこの比じゃないです。仕事辞めてよかったー!)



何か困難な壁にぶつかったとき…

「でもエネマグラを尻に入れたことを考えればこのくらい…!」

(右がぼくです。左が社会です)

強大な敵が現れたときも…

「尻に突っ込んですらいない奴に、俺は負けない…!」

ね?なるんですよ。力に。
力になるんですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
他人を頼るな!!!!!!!!!お前が力にするんだよ!!!!!!!!!!

なのでエネマグラ入れましょう。

エネマグラのHowToInsert

エネマグラを入れるには、手順を踏まないととても痛いです。血も出ます。
なので、以下の手順を踏みましょう。

1.お尻と穴の中を綺麗にする。浣腸をして中身を出し、シャワーできれいにする。
シリンジという、もう名前からしてシリを綺麗にしそうな器具を使ってもいいそうです。
僕は使いませんでした。

2.お尻の穴を指でマッサージし、ほぐす。人差し指の第一関節くらいまで入るといいでしょう。
BL漫画とかで中指と薬指でぐっぽぐっぽみたいなのありますけど、あれ毎日アナルオナニーしてるか毎日掘られてるかのどっちかでケツ穴ガバガバ丸になってないとできないですからね。ファンタジーと現実を混ぜるな。ばか。俺たちは人差し指の第一関節でいいんだ。

3.ローションで穴の中もしっかりぬとぬとにする。指突っ込めばわかりますが、括約筋があって侵入を阻むのって大体1㎝くらいなんですよね。その先は腸になっててカームベルト。締め付けとかはない。凪ですね。

4.ぶち込む。先っぽが入ればあとは流れで行ける。

以上!簡単ですね!
では、まず1から。

1.はじめてのかんちょう

何を申そうこの私、齢30になってはじめての浣腸なのである!
買ったのは…なんかいちじく浣腸っぽいやつ。内容物はグリセリンと水らしい。これ効くのか?
夜、嫁が寝静まったのを見計らってスタート。まずはこの浣腸を…尻の中に…。
…こえぇ~!!!!これマジで大丈夫なんだよね???入れていいんだよね?????痛くない?大丈夫?????
出す穴に入れるという初めての経験、びくびくしながらお尻の穴に…スッと…。

(いらすとやの可愛い浣腸の画像です。ふふ、かわいいね。)

…スッと入りましたね…。思った以上に普通に入りましたね…。
感想もクソもない。痛くないどころか何も感じない。無である。
はえーとか思いながら内用液をぶしゅっとな。

…!?

うんち!うんちしたい!!!!うんち!!!!!!
なんかもう既にうんちしたい。
うんちしたい以外考えられなくなる。うんちしたい!!!!!!!!!!!!
この状況で!?この浣腸を!?抜★く!?!?!
一緒に色々出てくるぞ!!??正気!!!?????
必死で尻の穴を締めながら引き抜いた。思わず変な声が出そうになる。もちろん快感の嬌声ではなく、苦悶の声だ。
音もたてず、それは引き抜かれた。尻からは…何も出ていない!
勝った!勝った!勝った!

一瞬の勝利の余韻、しかし腹痛がそれを許さない。
マジでうんちしたい!!!!!!!!!!!!
今何分!?…3分!?あと7分待つの!?
絶望に浸りながら便座にまたがる。
うんちのことしか考えられないマイ脳味噌。しかし限界は――来なかった。
おなかは痛いのだが、波が引いていったのだ。
良かった!助かった!

ホッとする一方で、異なる不安が頭によぎる。
…うんち出なくない?

(確かに痛みは引いたが、違う。そうじゃない。)

うんちでない

そう。目先のツラさから逃げた結果、そもそもの目的を忘れていた。
僕はおなかの中のうんちを出さないといけないのだ!
しかし、しかし、おなかがちょっと落ち着いてしまった。
落ち着いている場合ではないのだが!?

人間は我儘だ。これが人類の原罪だ。足るを知る。人類が築いてきた過ちの歴史、我々はまた過ちを繰り返すのか――。

クソを出すためにクソみたいなことを考えながら、その時を待った。即ち、注入してから10分だ。
便意はほぼない。いやお腹は痛いが、これ間違いなくだしても水しかでなくねー?という予感にも似た直感。
蛇が出るか鬼が出るか――不安を抱えながら、僕は括約筋を緩めた。

…結果から言おう。出たのは水だった。
これは私がストレスでお腹を常時ぶっ壊していたのが原因だと思う。ともかく、水しか出なかった。
しょんぼりしながら、トイレを流し、いやしかしこれで遠慮なくお尻に挿れられるなと気持ちを切り替えて、僕はバスルームへ向かった。

(雄大なる自然。イメージ画像でお楽しみください。私はお楽しみできませんでしたが。笑うなよ。兵が見ている)

2.お尻の穴のマッサージ

後日、先達に話を聞くと、「指二本第一関節くらいまで入るとほぐれたと言える」ということを言われ、まだほぐし足りなかったんだな…と反省しましたが、この頃の僕はそんなこと知らない。
人差し指で穴の周りをスリスリナデナデする。ぐっと押し込んでみたり、くにくにしたりして、シリアナ・ヴェスの機嫌を取っていく。
そのうち、ゆっくり人差し指が沈んでいく感覚が分かる。
「おっ?????」と思いつつ、くぽくぽと抜き差し。
これ、分かる人には分かると思うんですけど、括約筋って大体シリアナから数センチくらいあります。なのでそこまでは指が締め付けられますが、そこから先に行くと締め付けがなくなります。これ豆な。

で、まぁ指が入ったらぐるぐるしたりくいくいしたりして、括約筋全体を緩めてガバガバにするように動かす。
今となってはだけど、このときに指二本入れるべきですね。多分時間かければ二本はイケると思う。
そのまましばらくマッサージしてシャワーは終了。さぁ本番だ!

3.ローション

お尻用ローションですが、マジで粘性がつよつよのつよ。まず指に出してもゼリー状で崩れない。
それをお尻に塗って、指に塗って、エネmに塗って、尻の中にも塗る、と。
めっちゃべとべとになるかと思いきや、この粘性の強さのおかげで、塗ったところ以外はあんまりべとべとにならないぞ!塗ったところは大惨事だが、まぁこれは後述。
あと全然乾かない。マジでずっとぬとぬとが続く。えっちですねぇ!!!!!

4.エネマin

なんか承太郎のセリフみたいになったけど、ついにエネマをインする。
(※「やはりアナルか。いつ挿入する?私も同行する」)
ぬとぬとになったソレを、熱くほてった菊門に当て、ゆっくりと力を入れていく。
…けど無理だよ!入りっこない!
正直かなり太い(※あくまで最初の時の印象です。今は余裕で入ります。)
痛くはないけど、なんか怖い。
けど、人間賛歌は勇気の賛歌!ねえちゃん!明日って今さ!
えい!えい!むんッ!!!!

(おかえりなさいご先祖様。なすに乗って帰っておいで…)


…むにゅゥンッ!!!!!!!
効果音と心境としてはこんな感じ。
ぬるりんって入って、入ったァ!ってなる。
あふあふ言いながら(※気持ちいいわけではない。ある種のトランス、或いは発狂状態である)先っぽが入ったことを確認。
エネマは凸凹になっており、一番最初の凸が入った感じですね。
頭の中の冷静な僕が、「バックから突かれる女の子ってこんな感じなのかな」と考えている。今振り返ってみたら、全然冷静じゃないなこの僕。

ともかく、一山入っちゃえばあとは大したことない。
同様に、えいえいむん(隠語)していくだけ。
最後まで入れたら「あっ…この先ないんだぁ…」みたいなえっちな気持ちになる。嘘。なんない。普通に苦しい。
これ、慣れてないうちは圧迫感として感じるんですよね。
痛みはないんですけど、おなかへの圧迫感。苦しいな…って感じ。
気持ちよくはない。そう簡単に気持ちよくならない。修練あるのみ。
ただこの異常な状態に興奮はする。
たたねぇけど。

しばらく括約筋を締めたり緩めたりして、今回は終了。

6.幻のシックスマン

抜くときめっちゃえっちな気分になるので楽しかった。
排泄的な気持ちよさもあるし、なんかこう…「はぁぁぁぁっ…」ってなる。
第三者的視線から見ると、めちゃくちゃにえっち。えっちすぎて女の子になっちゃう。。。
これはちょっと言葉で表すのは難しいな…性的な気持ちよさではないんだけどね。
たぶんでっかいうんちだしたときの気持ちよさと、エネマグラの刺激とえっちな状況に対しての気持ちとかいろんなものがめちゃくちゃに押し寄せてきて…
エモい…ですね…。

たぶんエモい警察に連行されるけど、このあたりは是非試して欲しい。
もう言葉じゃ伝えられない。えっちなんだ!

おわり

以上、初めてのエネマグラでした。
まだまだオシリスの天空竜にはなれないけど、これからも定期的におしりに突っ込んでいきたいと思います。
進捗ありましたら都度こちらで報告します。
ちなみに執筆している今現段階で、既に両手で数えられるくらいは入れてる状態です。
やはり人間…日々進歩…圧倒的成長…いつかは憧れのビンビン丸…。
ではまた。

コメント (3)
  1. Ato4 より:

    (※あくまで最初の時の印象です。今は余裕で入ります。)
    という一文を読んだ瞬間この人はいつまでも信じられる!という思いが湧きました。いつもありがとうございます。

    1. 社長 より:

      いえいえ、いつもありがとうございます。
      成長()した姿を見せられるように頑張ります!

      1. Ato4 より:

        P.S.
        社長さんを参考にした結果、一歩前に進み新しい自分になることができましたことをご報告させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。