ブーン系SSお気に入り10選のようです

はじめに

今日のは昔語りに近いですね。

こんにちは、社長です。

ブーン系ってなんだろ?って方は説明するのが面倒なので詳しく書いてあるのでコチラを。

ざっくり言えば、顔文字使ったSSです。

流行ったのいつだ?少なくとも私が読んでたのは20年前くらい?……もはやレガシーですね。

でも、今もしばしば読むくらいには好きなんです。

片手で空き時間に読める手軽さ。重いのも軽いのも、ギャグからシリアスまで、網羅できる幅の広さ。

とにかくアホほど読んだ。金を払わせて欲しい。

昔は、投げ銭とかAma爆とかなかったから、ありがとうとか応援してますを伝える手段がなかったんだよ。

……まぁ、いいや。

そんなブーン系小説ですが、今はもう息してないです。

なので、今まで読んだ中から、特にぶっ刺さったものを10個ピックアップして紹介したく。

あとあくまで個人的にぶっ刺さったものなので、例えばアルファとかbtcmとかぼくモナとか、名作of名作(※アルファは単行本化しろ)もあるのは分かってますが、泣く泣く選外というのもマジで無限にあります。

良かったら読んでみて、気に入ったらどうぞ、こちらの沼へ。

じゃあ、とりあえず思いついた順に。

lw´‐ _‐ノvちょっと自○してくるようです

一応伏字で。シューが自〇をする話です。

大変失礼ですが、そんな有名な作品ではないと思う。

けど、私には一番ぶっ刺さったし、根本を創った作品……だと思う。今思えば、だけど。

他の紹介する作品は、是非読んで欲しいけど、これだけは別に読まないでほしい。

私にクリティカルにぶっ刺さっただけで、万人にオススメはできないから。

私が本気なことを嘘みたいに、嘘を本気のように言うのはこの作品にハチャメチャに影響受けたからですね。

人生狂わされてるじゃねーか!!!!!

(‘A`)は樹海行きの切符を買うようです

タイトルからは分からないけどローグライクもの。

踏破すればひとつ夢が叶うという『樹海』と呼ばれるダンジョンに挑む話。

不思議なダンジョン系やったことのある人なら読めると思う。

主人公のドクオの思想がめちゃくちゃ好きで、何処と無く人生を諦めているような、それでいて何かを探しているような、不思議な魅力のある主人公です。

叶える夢は、非常に彼らしくて、でもまぁ、それしかないんだろうな、って夢です。最高。

しっとりした作品が開幕2連だったので、次は騒々しい作品を。

ξ#゚⊿゚)ξ音速パンチのようです(>ω< ;)

ツン荷台教の方の代表作だと勝手に思ってる。

群像劇……でいいのかな。うん。

荷台に座ったツンが坂道を物凄い速度で転がり落ちる話。その道中での人間ドラマ。

わけわかんないと思うけど、とりあえず読んでみてほしい。

Case1の「さぁ大きな声で言えないといえども」まででいい。

これでちょっといいなぁって思ったら読んでみてほしい。

僕は胸がいっぱいになるので好き。

単純な話でいいんだ……あと気持ちも単純に伝えるだけでいいんだ……それができないから、上手くはいかないし、だからこそドラマになるんだよなぁ。

( ^ω^)ブーンは歩くようです

はい名作。

何話してもネタバレになるの代名詞。

ブーンが歩く話。

……いやマジでホントにそれしか言えねぇんだよ!

そこそこ長いけど、何のためにいきてんのか、生きてる理由とかよく分からん人にオススメ。

いや、全然暗い話じゃないし、激励する話ではないんだけども。

上手く言葉で言えない、っていうのが正直なところ。

いい小説ってさ、何処が面白い?って言われたときに困らない?アレ。

まずは本当に読んでほしい。第四部まででいい。でも第四部見たら第五部読んで欲しい。第五部読んだら、次が最終部って書いてあるからそこまで読んで欲しい。そこまで読んだら、まるでおまけのようにエピローグと連結部ってのがあるから、是非そこまで読んで欲しい。

ちなみに歩く名作エピソード議論ってのがあってね……僕は四部が好きなんですけど、名作エピっていうと五部かなぁ、やっぱり。

生きる意味ではなく、生きていくひとつの意味が、言葉じゃなくて感情で理解できる、いい作品だと思います。

◆ゲームに集うは、切り札のギャング達のようです◇

ギャングのボスの座を巡るサスペンス……になるのかな。

個性的な能力を持つキャラクター達。それは、異能とも言えるほどの能力で、それを駆使して戦い、騙し、裏切り、複雑に絡まった思惑と思索は、思わぬ方に転がっていき……って話。

……うわぁぁぁぁぁネタバレしてぇよおおおおおおお!!!!!

ネタバレ上等な話がしたい。とにかくみんなめちゃくちゃ格好いいし、退場の仕方がたまんねーんだよホントにさぁ!

震えるほどカッコいい。読め。後悔はさせないと思う。

ベストバウトはブーンvsショボン戦。おそらく戦闘力だけなら最弱の、能力だけなら最強の2人の勝負。

ベストシーンはジョルジュの『最後の切り札』。ああもう!ネタバレ感想書きたい!!!!!!!!!

ドクオは正義のヒーローになれないようです

ハリボテヒーローのドクオが本当の意味でのヒーローになっていくお話。

同じヒーローもので「( ^ω^)は現実的ヒーローのようです」もめっちゃ面白いから是非。

ともかく、この作品はとにかく激熱。

正義とは何か?ヒーローとは何か?

私は、私のヒーローになれているだろうか?

少年漫画的な暑さと、それだけじゃない苦悩や人間関係、敵味方のドラマと、うん、最近の仮面ライダー好きにお勧めしたい作品かな。

いや仮面ライダーほどえげつなくはないけども。でもなんか雰囲気が似てる……ような気がするよ。

ちなみに準主役に宇宙大魔王ロマネスクがいてだね。

主役と言っても過言ではないほど魅せるし、クッソかっこいいんだけど、ロマネスクの立ち位置を決定づけたのがこれと、次に紹介する作品だと思っている。

似たような立場で名作になってしまったのは幸か不幸か。

( ФωФ)冷血非道ロマネスクのようです

どこまでも優しい冷血非道のほのぼのまったりライフ。……前半は。

後半からちょっとしたシリアスに入るので、そこ含めるとシリアスギャグ……になるのかな……。

作中に出てくる、ロストナンバーズの話がとにかくめちゃくちゃ好き!

読んでもらえればわかると思うんだけど、マジで誰も嫌な奴が出てこないのよ。あー、いや出ては来るけど、大体かませかギャグ落ち。

敵もそんなに悪いわけじゃなくて、どうしようもなくなってそうなってる……みたいな感じ。

優しい世、幸せな世界。

悲しいこともあるんだけど、優しくて暖かい世界。

疲れたときとか、頭空っぽにして読んでほしい。

ζ(゚ー゚*ζ あな素晴らしや、生きた本 のようです

「生きている本」にまつわるお話。しばらく読まれないと読んだ人間や周りを巻き込んで本の世界を演じさせるという、生きている本を巡り、普通の女子高生デレが巻き込まれる様々な事件を通して描かれる群像劇あらすじなんてどうでもいいんだよ!そんなのゴミや!!!!黙って読め!!!!!!!

ニュッデレにハマれ。ククキューに堕ちろ。ノマカプはなんで『ノーマル』ってついてるか教えてやるよ。……『普通に』強ェからだよ!!!!!!!!!1

……ごめん。カップリングの話したけど、恋愛要素はサブもサブです。でもそれだけキャラクターが魅力的。

そんなキャラクターが織りなす、暖かな人間関係がお話の中心です。

圧倒的ともいえる魅力的なキャラクターが織りなすドラマは、ハートをぶち抜かれるほど強烈な感情ではない、じんわりと沁みいるような感情……エモより重くて、劇場よりも軽い。

この日常をずっとみていたいな。そう思わせる、あったかい世界です。

lw´‐ _‐ノv厄姫様は別に不幸では無いようです

生きているだけで不幸な目にあう、「厄姫様」。

そんな彼女を取り巻く、ハートフルコメディ。

……なんだけど、これ間違いじゃないけど性格じゃないな。

ハートフルがマジでハートフル。涙腺フルボッコ。

読了後、タイトルを見直して「あぁ……あぁ……!」ってなる。

幸せについて考えたくなるような、陽だまりの中で寝転ぶような、そんな作品。

「貴女の幸せを願う」という言葉がよく似合う。

他人の幸せを願うこと、難しそうで、でも簡単で、けど現実はそう単純じゃなくて――。

身近にいる人の幸せを心から願いたくなるような、幸せいっぱいの話。

こんなにも愛を感じる作品はなかなかないと思う。

( ^ω^)大乱闘スマッシュブーンラザーズのようです

ここまでの作品を全部よんだら、一度「あらちー」「アルファ」「人体実験」「sneg」「生徒指導」「btcm」「壁殴り代行」「十死」「女友達」「勇者№」……この辺りをですね。まずは読んでいただきたい。

……いや分かる。アルファは確かにキツイ。文章量的な意味で。

けど、マジで面白いから読み終わるまであっという間だからよ……。ほんの一週間くらいだよ……。

ぃょぅがカッコいい作品なんてこれ以外しらねーし、フィレンクトも……あぁいや現実的ヒーローで活躍してるか……ともかく、キャラも熱い、シナリオも重厚、多分ブーン系で名作ランキングしたら1位の本命候補みたいなやつよ。

読め。

あとあらチーは好き嫌いが分かれるけど、クソみたいなノリが好きなら読めって感じだし、人体実験もカッケェェェんだよ!!!!金○ついてんのか!!!!!!!!1読め!!!!!!!!!!!1

……この辺りですね。もう私が紹介した奴全部読んだなら、余裕でどっぷり漬かったかと思うので、これらも読んでください。

マジで名作しかないので。

……で。そのうえで。

そのうえで、スマブンを読んでほしい。

多分なんでこんなこと言ってるか分かると思う。

「うおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!」って気持ちが、もうね。ずっと続くから。

さらに言うなら、スマブン読む前にオムライスブンツンドーヴァニラブーン芸あたりは読んでて欲しい。

つーかどうせ読むことになる。SSと読書は沼だから。

ようこそ、地獄へ!

おわりに

軽く読み返しながら書いてたんだけど、情緒がボロボロになったのでもう感情が無理。

結構ガチ目にやられてるので、今日の日記はちょっともう終わりにします。

作業もちょっとお休みして……あの……いやホント無理……。

気持ちが疲れてるときに小説読むと、変に感情移入して自滅するので読まなくなったことを忘れてました。

めっちゃ甘やかしてほしいですね!!!!!!!!!!!!!!!おぱぱぱが!!!!!!!!!!!!!必要なの!!!!!!!!!!!!!!!!癒せ!!!!!!!!!!!!!!!!1

おやすみ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

コメント (5)
  1. すこりーす より:

    ありがとうございます!!今は時間がないのでさわりだけしか見ていないのですが、これ、私、絶対好きなやつ!!
    今週末から読み始めますね。(時間ががが)

    お返しと言ってはなんですが、おすすめのやる夫スレを紹介します。(AAを使って、もっと漫画ライクにしたもの)
    ※ややおつかれのようなので、労力がいらなそうなもののみにしぼりました。最後2つ以外

    「臆病な国王」・・・童話風の短編。入門としておすすめ
    http://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-10171.html

    「やる夫で学ぶ ことわざ」・・・ギャグ系の中編。さっくり読めます
    http://yaranaioblog.blog.fc2.com/blog-entry-567.html

    「君が書くのだ」・・・ただの雑談なのですが、創作に疲れたときに
    https://yaruok.blog.fc2.com/blog-entry-6868.html#more

    「やらない夫は魔理沙と同居しているようです」・・・記憶では長編でしたが、話数的には中編。ラブコメ
    http://yaranaioblog.blog.fc2.com/?cat=127&page=0

    「ド田舎の美人姉妹」・・・えちえちなやつ。R-18はたくさんあるんですが、自分があまり保存しておらず・・・たまたまあったやつを。
    http://touhouyaruosure.com/blog-entry-6858.html

    (ここまで絞ってから思うこと。もっとたくさん紹介したい~><)

    1. すこりーす より:

      あー・・・すみません。メモ帳にかいてからコピペしたら改行が・・・

    2. 社長 より:

      ありがとうございます。やる夫スレも懐かしいですね……!
      2000年代初めくらいでしたでしょうか。ローゼンやハルヒのキャラクターが多かった覚えがあります。
      その頃はガラケーで読んでたので、巨大SSが上手く表示できず、そこまでたくさんの作品を読めていなかったので、教えていただけるのは助かります。
      早速こちらも読んでみますね!ありがとうございます!

  2. 夜水律禍 より:

    もし艦これがわかるようでしたら
    「地獄のマッスル鎮守府」シリーズ
    が、大変オススメでございます。

    提督「触ってねえよテキサスクローバーホールド決めるぞ」

    等々ですね。
    作者様が元々ブーン系の方だったらしく、
    軽快なノリから繰り出されるギャグ、ツッコミのハイセンスさ、テンポの良さは勿論、
    艦これの世界観を組み込みつつもブーン系と融合させたシリアス、ホラー、活劇は読んでいて興奮の連続でございます。
    何より後味が良いですね、『結』をわかってるといいますか。
    日常、非日常の切り替え、というよりは切り返しなのかな。
    戻ってくる、のが非常に上手いのでは、と常々感じる次第です。
    是非一度、読んでくだされば。

    1. 社長 より:

      艦これはあまり詳しくないのですが、ふんわりは分かりますので読んでみます!
      元々そちらの出身の方が書いているのであれば、私にとってはかなり読みやすいのではないかと思いますし、通勤途中に読ませていただきますね!
      あの畑の人はホントタイトル秀逸なの多いですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。