ほらーはできたよ!

はじめに

こんばんは。

最近エモクロアのシナリオを仮組しました。

テストプレイして、調整して、で、出すかどうかとかはそこから考えたいと思います。

社長です。

エモクロアのルールまだ理解しきってないからホントテストプレイしまくって色々やりたい。

(時間が足りない。一日48時間にして欲しい。もしくは僕がもう一人は最低欲しい。いやマジで)

なんでエモクロア作ろうと?

今までずっとCoC作ってたんですけど、今回エモクロアを初めて作りました。

ホラーが死ぬほど好きで、メリーバッドエンドが性癖なのでCoC好きだったんですね。

で、CoCは好きなんだけど、エモクロアだとフォークロアが扱えるって聞いて、あっ、絶対シナリオ作ろ!って思ったんですね。

フォークロア。都市伝説ですね。口裂け女、てけてけ、八尺様、きさらぎ駅etcetcetc…。

そういったのが昔からホントに好きでね。で、それが扱えるって聞いて、絶対いつか作ろうと思ってたんです。

もっとも、土台を置くだけで全くの別物にはなるわけですけど。

例えば口裂け女だったら、奇妙な外見をしていて、問いかけをして、外すと死ぬ、ぐらいに抽象化して、そっから更に改変してくとか。

……まぁそうやっていくとホントネタが少なくなるんですけどね。
学校の怪談系は大体が奇妙な外見・問いかけ・外すと死になるよ。
カシマさんとか、赤マントとか。昭和~平成初期のフォークロアはこの類が多いよね。

(CoCだったら顔がないってだけで(察し)ってなるんだけどね)

平成中期からはなんだろうね。八尺様とか姦姦蛇螺とかかな?
呪われる・魅入られる系の話が多くなってきたような印象。

そんで、あくまで体感だけど、この辺が近年フォークロアの最後の輝きだったように思える。

そこから下火になっていったような……いや、あくまで体感だし、きっと僕の知らないところで火は燃えているのかもしれないけど。

私が忙しくなってそういうのを見切れなくなったってのもあるのかな、とは思うんですけどね。

怪異は、キャラクター化したように思える。

現代科学で解き明かせないことは少なくなっていき、不思議も怪奇も少なくなっていった。

消えゆく怪異、というのは、それはそれで感動系に用いられることもあったんだけど、そしてそれは僕も好きなんだけど、それは、得体の知れない恐怖ではなくなっちゃったんですよね……。

閑話休題。思わず書いちゃった。

ともかく。です。

フォークロアが好きだし、ホラーが好きだし、恐怖が好きなんです。

だから、そういったのを書きたかったんです。

(意味不明さっていうか、シュールレアリスムというか、そういうのってホラーと紙一重だよね)

今回のホラーについて

とにかく、今回はがっつりホラーが書きたいなって思って、初めてのエモクロアだし、自分の性癖盛沢山セットにしよう!と思って書きました。

僕の性癖は、恐怖・理不尽・救われないです。ハッピーエンドが分かんないんです……。

いや、分かるよ。ゲームとして考えるなら、すっきり爽快気持ちよくクリア!ってゴールがないのは、はっきり言ってクソだって。

だから今書いてるのはきっとゲームにすらなれない何かなのだとは思うのだけど。

いや、書いてる最中に死ぬほど思ったさ。「これクソじゃね?」って。

(書いてはコレの繰り返し)

でもさぁ、書きたかったんだよ!だから回すだけ回させてほしいなって。いや、もう世に出さなくてもいいから……。

実際どうなんだろうね。何もかもすっきり終わるハッピーエンドってあった方がいいに決まってるのは分かるんだけど……分かるんだけど……。

ホラー映画とかさ、小説とかでさ。怪異を全員ぶちのめして残りは全員封印しました!やったー!完勝!めでたしめでたし!……って、あんまり好みではなくてさ。

とりあえずの脅威は去ったが、今後どうなるか分からないし、脅威は依然存在していて、いつどうなるか分からない。
ただ今は一時救われたに過ぎない、みたいなエンド
がすごく好きでさ……。

なんならバッドっぽいのも好きなんだよ……。メリーバッドも好きだし……。

だから、多分私はシナリオ作ることには向いてないと思うんだけどね。でもまぁ、つくりたいし回したいから作ってるわけでありまして……。

……何が言いたいかというと、私のシナリオ、もしやってくださる機会があるなら、全力でぶっ壊してくださいってことです。

私の貧弱な脳みそじゃあ、どうやってもハッピーエンドにならないんです。なので、探索者やKP、PLの皆さんで、シナリオをぶっ壊して、存在しないハッピーエンドを作って欲しいんです。

シナリオが三流以下なのでこんなことになってるんだと思う。本当に申し訳ないです。

だからこそ、どんどんぶっ壊していて欲しい。TRPGって、そういう自由も魅力の一つなので……。

魔王城を攻略するのにさ、RPGだと正面突破しかできないんだよ。TRPGなら、城に火をつけたり毒を撒いたりしてもいいんだよ。

勿論卓の皆さんが許せば、という大前提はあるけど、卓内で色々楽しみながらぶっ壊して欲しいな……って思います。

なんてったってガチホラー。エモさの欠片もない、純粋にホラーやってるやつだから。壊してください。

(全部壊すんだ)

今作「七つのラッパの鳴る前に。」について

ネタバレはないです。

もう名前からして薄々分かるとは思いますが、タイムリミットものです。

また、天使・ラッパ・7日あたりで色々察するところもあるかもしれません。

上でも述べたようにガチのホラー。後味は最悪です。PCもNPCも生存して、万事解決ハッピーエンドが好きな方にはお勧めできませんが、ホラー映画のモヤモヤした終わり方とかが好きな方にはお勧めできます。

こりかんに回してみて、世に出せるかどうかを判断し、その上で出せるようなら何かで公開できたらな、とは思ってるのですが……何分上記問題があるので、出すかどうかは分かりません。

……野良でやる分にはいいかな?個人的には結構好きだからやってみたいな、って気持ちは正直あります。

まぁ、いずれにしてもテストプレイ次第ですね。3月中にはマスターアップできるといいですね……。

つぎのシナリオ

で、まぁそんな完成を待っててもしょうがないので、次のを書いてます。

とは言っても、まだ何のアイデアもない状態。

なんか「これ怖いな」って思うことがないと書けないんですよね……。

頭で「これ怖いな」って思うんじゃなくて、感覚的に「怖いな……」って思うっていうか……分かりますかね……。

ちなみに最近怖いなって思ったのは、住宅街の公衆電話です。

まず今時公衆電話があるのがそもそも違和感ある。

周りに何もない山道とかならまだ分かる。緊急時の連絡手段としてかな?って。

なんで住宅街にあるんだよ。

住宅街ってことは、ここを通るのはこの辺に住んでる人しかいない。

ここで公衆電話を使うことなんてあるか?どうしても電話がしたくなったらスマホ使うか、あるいはこの距離なら帰って電話しないか?

じゃあ、ここにある公衆電話は、何のためにあるんだ?

夕暮れ、街頭が一つ、また一つとついていく、薄暮の時間。

そこに住んでいる人たちは、まるでそこに何もないかのように、或いはそこにあるのが当然であるかのように足早に帰路についている。

――この公衆電話は、なんだ?

僕の問いに答えるように、それは突然、鳴った。

僕の記憶する限り初めて、公衆電話に呼び出し音が響いた。

こんな感じ。出だしね。

もう使いつくされたようなテーマではあるけどね。書けたら書きます。

(ドアが開かないとかもシンプルに怖い)

おわりに

珍しく何も考えずに気の向くまま書きたいこと書いた気がする。

今週は出来るだけブログ更新を頑張っていきたいと思います。いや、うん、がんばる。

最近カフェイン断ちしはじめて、頭痛と異常な眠気、倦怠感がヤバいことになってます。

とにかく、うん、いろいろ頑張る。

ではまた。早いとこ次のシナリオ作らなきゃなぁ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。