これで人生バグりましたセット~二次元編~

はじめに

お疲れ様です。

皆さんは過去を振り返って、「あっ、ここで道を踏み外したな……」って思うポイントってありますか?

うん、まぁ、あるよね。あるんですよ。あるの。普通は。

で、今回はそれを紹介していこうと思います。

(人生の分岐点は確かにある。後からでしかそれを認識できないが。)

こんばんは社長です。

でもどうしてそれで人生バグったかは話すので自語りは入ります。ご了承ください。

ちなみに、これをやろうと思ったのがこちらのマシュマロが主因です。

ネタは常に切れてるのでこういうのマジで助かる。この場を借りて御礼申し上げます。

これで人生バグりました~アニメ編~

これは明確に2つですね。

1.成恵の世界

これ前にも話した気がするけど、オススメは何回話してもオススメだからね!

多感な時期に見てしまったこともあり、正統派ラブコメに引きずり込んだ元凶。

おそらくこれがなかったら2次元の世界には足を踏み入れてなかった。

20年近く前の作品なので知らん人も多いとは思うんだけど、一番好きなキャラクターは榛名です。

この頃から新婚若妻好きって性癖の根幹がありますね。きもちわるいなぁ!!!!!!!!

ともかく、『みんな優しい世界』が私にめちゃくちゃ刺さったのは確か。

悪い人ってほとんど出てこないんよ。ホントに優しい世界。すごくすき。

……ちなみに考察とかガチSF設定を考えると頭が痛くなる作品。原作の漫画は雰囲気で読め。巻末の設定資料は覚悟を決めたやつから読め。

2.D.C.

はいエロゲの世界に引き込んだ元凶。

っていうか無理だろあんなん。

年若いときにさぁ、あんなん見せられたら落ちるに決まってんだろ!!!!!!!!!!!!!!!

ガンダムとかでオタクになったオタクが羨ましい。ホントに。俺は朝倉音夢でオタクになったからよ……。

やはり根がキモオタなのは入口が上記2つだったのが大きいと思うんだよね~……。

あとこれは成恵の世界もD.C.も共通でなんだけど、OPがめちゃくちゃいいのよ!

成恵の世界のOPはCooRieの流れ星☆

さすがに今見ると古い映像ではありますが、当時はブッ刺さりでしたね。

あとヒロイン役が能登麻美子さんだったせいで性癖がゆがみました。

えぇ。ウィスパーボイス、いいよね……。

で、D.C.のOPがサクラサクミライコイユメ

異常なほど古さを感じるな……。まぁD.C.の方はどっちかというと内容が刺さったので……。

ちなみに好きなキャラは、見た目頼子さん、外見と内面ことり、設定さくら、総合音夢って感じですかね……?

D.C.P.S.を買ったのも良い思い出。

これを買うためだけに5個くらい隣の駅まで自転車で走っていったな……。当時はこういうのを家の近くで買うのが恥ずかしくてな……。

……もう17年前か……。

D.C.見てなかったらエロゲ文化に触れることはなかっただろうし、そうするとこりかんどころか青春時代の何もかもが変わってしまうので、ホント人生の道を踏み外した一作でしたね……。

……え?俺の青春ってエロゲとともにあるの???????????????・

これで人生バグりました~小説編~

小説ではそこまでバグってないかな……。

好きな小説、っていうのならいくらでも挙げられるのだけど、人生バグった小説ってのはないかな……。

……いい意味でバグったのは、星新一椎名誠かなぁ。

もしこの2人の書いた小説を読むことがなかったら、文章を読むこと自体好きになってはいなかっただろうし。

あと衝撃を受けたってことでいえば、夏目漱石のこころは本当に衝撃を受けた。

読んだことのない人はいないと思うけど、色々考えさせられた。『小説』を好きになったのはこころの影響が大きいかも。

3部作ではあるけど、こころが一番好き、というかこころだけ飛びぬけて好きだな……。

Kが死んだ理由、先生の言葉をどう受け止めたのか、Kの人生観、死生観とか、とにかくたくさん考えさせられたし、それが面白かった。

……だめだな、小説は真面目だ。次行こう。

(小説はいいぞ。無限に読んでいたい)

これで人生バグりました~マンガ編~

これは明確に2つかな。

1.からくりサーカス

2.金色のガッシュ!!

はいこの2つ。間違いない。

両方ともサンデーだな……まぁいいか。

ちゃんと生きてちゃんと死ぬことが人生のテーマになったのは多分この2作品のおかげ。

……おかげ、なのか、呪いなのかは分からないけど。

基本的に私はねがてぃぶだし希死念慮ガンガンだし許されるなら今すぐここからフライハイしたいけど、カッコよく生きてカッコよく死にてぇんですよ。

この「カッコいい」っていうのは、他者から見てじゃなくて自分から見てね。

納得する死に方が出来るように、毎日生きてます。

僕は死に関してだけはめちゃくちゃ煩いと自覚してます。死にたいけど、死は一生に一回しかない特別なものだから、それをぞんざいに粗末に扱うことだけは絶対に許せないのです。

生き汚くみっともなくどうしようもなくても、私は私の思想の下に生きて、死ななくてはならない。

だから私の中で私は「完璧にカッコよく」なくてはならないのです!

うん。結構ゆがんだ考えなのかもしれないけど、そう考えてるので、精一杯信念のもとに生きて、死んでいくというのは、とてもとても尊いものなのです。

話がややそれたけど、両作品とも、退場シーンがめちゃくちゃカッコいいんですね。

悲しい気持ちになったりもするけど、どこか納得した退場なんですよ。

それが、たまらなくシビれるんですよね。

あぁ、こういう人生を送りてぇな、って思えるようなカッコよさ。こればかりは読んでもらわないことには分からないと思うけど。

コロンビーヌの最後とか最高だよね……。

あと成長して去っていくのもいい。

特にガッシュだとそれが顕著かな。

ダニーとかキッドとかバリーとかさぁ、最後の別れのシーンで成長して悔いなく別れるのホントもう……いや別離の悲しさっていうのはあるんだけど、成長して納得して別れることが出来るんだよ……。

これホント言語化できないの悔しい。読め。全人類読め。

(死に方が決められるってことは生き方を決められるってことだ。カッコよく生きてぇよなぁ!!!!!)

これで人生バグりました~ゲーム編~

エロゲ縛りでいくけど、はるのあしおとの次は?って言われたら、パッと真っ先に出てくるのがPrincess Bride

その中の葛城ってキャラクター。

いや、キャラクターとかストーリーとかじゃないんだ。

彼女の人生哲学として、「人生はゲーム!」っていうのがあるんだ。

その一言が、私の人生を完全に狂わせたんだよね。

うん。人生はゲーム。良い言葉だと思う。

ゲームなんだからさ。楽しまないと損じゃない。

本気でやって勝ちに行ってもいい。ふざけたプレイングで遊んでもいい。シリアスな展開に身を委ねてもいい。

人生はゲームだ。楽しまなきゃ!

いつまでも最初の村で村人と話し続けるようなプレイングはしないだろうし、実は重要なことなんて、そんなに多くない。

楽しむってことを忘れない限り、人生ってゲームは楽しめる。

うん。本当にこの言葉が当時の俺にピタっとハマったんだよね。

だから、人生を変えたって点で言うなら、プリブラ(の葛城)かな。

(ホントぴったりハマったんよ。感じてた事に対して「アッ、コレェ!!!!」ってなったんよ)

おわりに

すげぇ真面目な話をしたので疲れた。

人生バグらせたものは数ありますけど、エロゲの曲とPVオタなのでそちらで大きく人生狂わされた感はありますね。

普通のMVとかも好きだしね……。

MVといえば岡崎体育とかもMUSIC VIDEOで知ったけど、最終的に一番好きになったのが感情のピクセルだし、切り口としてはMVっていいよね。

……ちなみにこれを拗らせた結果、以前はアニメはOP見て視聴するか決めてたし、ゲームはOPだけ見て買わないってなってたからな。頭いかれてんのか。

ほんではまた。オススメのMVとかOPとか教えてください!あとブログのネタ!!!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。