おちちのさきっぽ育成りたーんず!

はじめに

最近正気を取り戻しつつあります。

おちちのさきっぽ育成して何かメリットあるんですか?

社長です。

なんもねぇんだよ。そう。メリットなんて何もない。人生と一緒ですね!

おちちの最先端の学説

今の時代はスポールバン育成らしい(※2016年の情報です)

スポールバンっていうのは、簡単に言えば針の付いたピップエレキバン。

本来の目的は肩こりなどに対する針治療的なサムシングです。

これをね。おむねのさきっぽに貼るとですね。

針がちくちくとさきっぽを刺激するわけですね。

それがまぁ開発育成に繋がる、と。

え~~~~???????ホントにござるかぁ~~~~??????ってのが正直なところ。

でもま、やってみないと分からないからね!

実際買ってみた

ってことで、はいどーん!

うん!これね!はい!

まさか近くのドラッグストアで売ってるとは思わなかったよ!!!!!!!!

売ってたら買うしかねぇよなぁ!!!!!!!!!!!!!!

買ったらやるしかないよなぁ!!!!!!!!!!!

レッツ、いくせい!

中身

スポールバンですが、中身はこんな感じになっています。

見た目は完全にピップエレキバンです。

ただ、まぁひっくり返すと、間違いなく、”針”があるわけで……。

(殺意。)

ねぇ。これマジで大丈夫?

普通に痛そうじゃない?

これ、おちちに貼るんでしょ?

……血とか……出ませんか……?

まぁ。もう買っちゃった時点で、やるしかないというのは決まってるので。

貼った

覚悟を決めて、貼ってみました。

南無三ッ!!!!!!!!!!!!1

……うん……?

……何も……感じない……?

あまりの何もなさに、正直拍子抜けした。

全然何も感じない。風呂上りのぽかぽかボディなのに。

ま、こんなもんか。

そう思って、夕飯を食べていた、その瞬間。

「……んっ……!」

すこし、さきっぽに、チクリとする、感覚。

「……?」

しかし、それは一瞬で消える。

不思議に思い、ぐにぐにと、おむねのさきっぽを押し込んでみる。

「んんっ!」

間違いない。この感覚だ。

……これ、マジで不意に刺さる。

そう。それはあたかも遠隔で操作されているかのように。

正直マジでタイミングが読めない。それ以外はまったく違和感すら感じない。

でも、突然、急に。

胸に、チクリとした痛みが走る。

気持ち、いい、とは、決して言えない。

植物の小さなトゲが刺さったような。痛痒いような。

そんな、小さな痛み。

だが、それがある限り。僕は胸を意識し続けなければいけない。

……うん。間違いない。

これヤバい。開発になりそう。

何がヤバいのか?

私がそう考えたのは、「常に意識をする」という点。

そして、「意識をしなくなったときに刺さると痛い」という点。

基本的に常に意識をすることで、当然ながら感度って上がります。

しかも、意識から外れたときに刺さると、強制的に意識をおちちに持ってかれる。

つまり、半自動的におちちのことを考え続けるようになるのです。

さらにさらに、追加効果として、これ、ほんと痛痒い程度なんです。

刺さった時、むしろ痒みを覚えるんですよね。

……ちく○弄りたい!そう思うんですよ。これ、悪魔的商品ですよ。

とりあえずしばらく貼ってみて様子を見ますが、なんとなくこれは効きそうな気がする。

追って結果は報告しますので、今しばらくお待ちください。

おわりに。

今日の日記はできるだけ淡々と事実を書きました。

いつもパッションだけで書いてるので、できるだけパッションは抑えたつもりです。

残念ながら、パッションは仕事と原稿で使ってしまっていてね……クール、あくまでクールな社長なのです。

コミケまでにはち○び仕上げてきます。

対戦よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。